不動産で不労所得を

兼業農家のアパート経営相談

兼業農家のかたのアパート経営が最近、注目を集めているようですね。使用していない農地、休耕地、あるいは採算の合わない農地にアパートを建てて賃貸収入を得るというものです。ただし、昨日まで農家だったわけですからアパート経営については素人なわけです。(兼業農家のかたで、平日、不動産会社に勤務しているという人は別ですが)

農地にアパートを建てたは良いけれど、入居率が悪い、空き室が目立つ、などということは、せっかく建てるのですから避けたいものです。それでも、不動産からの所得、アパート経営による所得というものはロバート・キヨサキ氏が「金持ち父さん、貧乏父さん」シリーズの著書でも述べているように、うまくいけば「不労所得」が見込める、大変素晴らしいものです。「不労所得」良い響きですね。働かずしての所得と書いて「不労所得」です。

不動産、アパート経営からの収入というのは上手にこなすことが出来れば、積み上げていくことが可能な仕事です。アパート一棟目が黒字になったから、次に二棟目、さらに三棟目、、、、、という風に。 しかしながら農家の仕事についてはプロでも、不動産、アパート経営については素人も同然のはずです。ただ単にアパートを建てるだけなら、誰でもできますが、そのアパートに入居者、店子を集めて家賃を延滞させることなく回収して、アパートの建物のメンテナンスもして、、、、、となると正直なところ不安を感じるかたも多いのではないでしょうか。せっかく資金を投入して建てたアパートが赤字経営になってしまうと目も当てられません。そこでお勧めなのが,アパート経営、土地活用システムです。アパート経営、土地活用についてのプロが相談に乗ってくれます。  

↓資料請求は無料です↓